« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

慈雨

雨上がり一息ついた草ぐさが背筋を伸ばす地はみずみずし
 豪雨に悩む地方には申し訳ありませんが、日照り続きのここでは雨は大歓迎。流れが細くなっていた鴨川も、少し元気を取り戻したようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/29

雨雲

黒々と渦巻く空を薄雲の白龍渡りて雨をもたらす
 昨夕は久しぶりの雨に恵まれました。夜には一時的に土砂降りになり、街路樹も生気を取り戻したようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/28

熱帯夜

熱帯夜閨より逃げる術もなく思い描くは流氷の海
 西日に温められた部屋で一晩扇風機をつけっぱなし。夏休みは絶対に涼しいところに行きたい、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/27

渇水

地は乾き草木弱りて人憂う天に届くか雨乞いの祈り
 西日本は渇水の危機に直面しています。昨年は洪水の被害があったというのに。テクノロジーが進歩しても、気象は人の手の及ばぬところ。祈るしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/26

貴船川せせらぎ絶えぬ千年を命はかなき蛍が灯す
 今年も貴船の水まつりが7月7日から始まります。緑したたる山間に絶え間なく響く清流の音。一度蛍を見てみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/25

年老いた父母の庭に植えられし大輪の百合今咲かんとす
 猫の額ほどの庭ですが、父が手入れをしています。高く伸びた百合につぼみがついています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/24

時計

秒針の刻む律動呼び覚ます数多の悔恨今朝も眠れず
 聴覚過敏とでもいうのか、ちょっとした音が気になって眠れない。デジタル時計は好きではありませんが、枕元にはこれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/23

夏きもの

日中の熱気残れる大通りきもの姿が涼風さそう
 着ていると暑いのですが、きもの姿は涼しげに見えるようです。昨夜は四条通で生成り色のきものに髪を結い上げた女性を見かけました。確かにそこだけ涼しい空気が漂っているような印象を受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/22

空梅雨

空梅雨にソフトクリームの螺旋伸び蝸牛らの行方は知れず
 連日30℃を超える暑さ。カタツムリは日干しになっていないでしょうね。ナメクジがカタツムリの子だと信じて笑われたことを思い出します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/21

撫子

撫子よ見ればゆかしき常夏の名に似合わぬ涼しき色よ
 撫子は古称「常夏」。源氏物語にも出てきますが、現代ではちょっとそぐわなくなりました。常夏と言えばブーゲンビレア、ハイビスカスにデイゴ。八重山に行きたくなります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/20

青梅

青梅がほんのり赤く頬染める焼酎に浮く夢は甘やか
 梅酒を作るのは好きです。青梅のへたを取り、焼酎で洗って天日干し。惜しみなく上等な焼酎につけるといい味になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/19

花衣湿った風にあおられて肌にまつわる絹の誘惑
 「花衣ぬぐやまつわる」までは思い出せても、続きが、、。歌人も白蓮だったか久女だったか。余りに不勉強なのを恥じて図書館で短歌関係の本を借りるようにしています。岩波ジュニアの『短歌を楽しむ』は楽しく読めました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/18

戦争

夢のなか空襲警報鳴り渡る吾戦争を知らぬ子なれど
 夢でさまざまな時代や国にトリップしていますが、最近戦争の夢を時々見ます。アジア政情が不安定だからでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/17

水(5)

波のなかノアの箱船揺れており眩暈に耐える数秒の闇
 持病から立ちくらみが多く、本屋でしゃがみこむことがしばしばです。本当に目の前が真っ暗になります。献血したくとも問診ではねられるこの身もお先真っ暗、、。血液の代わりに水が流れているのかな?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/16

水(4)

やはり吾水より出でし末裔か指紋に残る波と渦潮
 生体認証なんてのが現実化しそうな勢いですが、ぼんやり指紋を見つめていたらはるか太古の海が見えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/15

水(3)

じっとりと蒸し暑き日によく冷えた果実を搾りて奪う水分
 キッチンが狭いのであきらめていますが、欲しいのはジューサー。それでメロンジュースを作って飲み干すのがささやかな夢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/14

水(2)

ほとばしり飛沫沸きたつ噴水に虹はかかりぬささやかなれど
 見ようと思っても見えないのが虹と蜃気楼と流れ星。それだけに出会えるとなにかいいことありそうな、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/13

水(1)

水無月に音を隔てる透明な流体に抱かれ夢見る胎児
 同僚の奥さんがおめでたで、職場で胎内のエコー写真が話題になっておりました。助産婦さんにかかって女児を産んだ別の同僚が「私の所は触診だけだった」と不満げに言っていましたが、その方が自然でいいと思うんだけれど、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/12

入梅

雲のなか目には見えねどぐんぐんと梅雨前線伸びる蔓草
 京都は昨日暦通りに梅雨入りしました。その前は連日30℃を超えていたから、少しは涼しさが感じられるけれど、この湿気。まあ、雨は雨で楽しいものです。ベランダの植木も濡れて生き返ったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/11

睡蓮

初夏の池キャンバスにして睡蓮が描く緑の水玉模様
 平安神宮の神苑には菖蒲が美しい池があります。睡蓮も見事で、カメラのファインダーを通して構図を考えていたら、葉の分布の様がモダンアートに見えてきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/10

未央柳

眠たげに長き睫毛を揺らしてる未央柳に降り落ちる雨
 茶道を始める前は町のあちこちに咲く花の名が全然わかりませんでした。未央柳はしべが長く濃い黄色の花をつける庭木です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/09

疏水(2)

色深き疏水の水面にヒメジョオン慎ましやかに白粉(おしろい)をさす
 疏水の石堤にはヒメジョオンの群生が目立ちます。雑草に見られがちですが、近寄れば可愛い顔なんですよ。抹茶色の水面にはこの小さな白花がよく映えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/08

疏水(1)

東山疏水煙りて吾もまた緑に染まる水無月の雨
 東山から鴨川へと注ぐ琵琶湖疏水は、梅雨時には抹茶色となり深緑に映えて風情が増します。観光客も少なくて、散歩には絶好の時季、和傘で雨音を楽しみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/07

夜明け

太陽の再生祝う鳥たちに歌い継がれる朝のカデンツァ
 夜明けとともに鳥たちのさえずりが種類を変えて聞こえてきます。近くに鴨川と糺の森があるため、鳥の種類は豊富です。私にわかるのは雀とカラスくらい、、。さすがにニワトリの声はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/06

紫陽花(2)

梅雨空に日没拝めぬ侘びしさを慰めんとて笑むや紫陽花
 花は何でも好きだけれど、薄紫のガクアジサイはこの時季に一番好きな花です。紫陽花は日没の空の色からこの字を充てられたのか、それとも球体に見える花容からかしら?当の紫陽花は黙って笑っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/05

紫陽花(1)

ここで今瞬時に溶けて水となり紫陽花に身を注ぎ果てたし
 日中の気温差に翻弄されて、しばらくダウンしておりました。心身ともにエネルギー枯渇状態です。「もっと水を」と床でうなっていたら、本当に雷雨がやってきました。紫陽花も次々と咲き出すでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »