« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/31

悪夢

宿題が終わらぬままにコチコチと時計が迫る恐怖の一夜
 8月31日は徹夜するのが常でした。誕生日でないのが幸い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/30

虫の音

小夜更けて虫のさやけき鳴き声に空しく過ぎし月日を想ふ
 無駄に過ごした訳ではないけれど、あっという間に平成17年とは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/29

白粉花

紅色の小さき喇叭(らっぱ)を吹き鳴らす白粉花の音は秋色
 白粉花を見ると丸い黒い種をこっそりいただいてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/28

風立ちぬ

日暮どき川辺に秋の風立ちぬいざ生きめやもと背を押すごとく
 日中は34℃という暑さが続きますが、さすがに風は秋めいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/27

吾亦紅(われもこう)

吾亦紅その丸き実にひとつづつ夏の思い出封じ込めたり
 実なのか花なのか定かではありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/26

南瓜(かぼちゃ)

キッチンでひとりことこと南瓜炊く甘い香りを夜風にのせて
 確かに「いもたこなんきん」は大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/25

小さい秋

かすかなる口笛吹いて少年は小さい秋をポッケに詰める
 目をこらせばここかしこに小さな秋が見つかりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/24

鳶(とんび)

雨あがり鳶が告げるぴーひょろろぴーひょろろと鳴く空の高みに
 鳥の声を翻訳するトリリンガルが欲しい、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/23

ベランダに飛び降りたる鳩一羽うれしい予感残し去りゆく
 鳩公害(?)に悩まされている方には申し訳ないですが、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/22

地蔵盆

甲高き子らの歓声響く路地お地蔵さまも破顔一笑
 昨日は地蔵盆。どこにこれだけの子どもがいたのかと思うくらいの賑やかさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/21

果物

収穫といふ語に惹かれ果実買ふ梨桃葡萄籠に盛りなむ
 果物食べたい!と思い立ったらまっしぐら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/20

蜻蛉

白絵具刷毛で描いた薄雲のたなびく空にあきづ飛びゆく
 あきづはトンボの古称です。秋空は水彩画のよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/19

蜩(ひぐらし)

仄暗き谷間に響くひぐらしはかなかなかなし生きるは哀し
 大島弓子さんの詩画集で心に残った「かなかなかなし」を借用しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/18

朝顔

紫の朝顔見れば切なくて青の階調こころ染めたり
 「天上の青」という曽野綾子さんの小説を読んで以来、朝顔が好きになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/17

空蝉

空蝉のその身の軽さ掌(てのひら)に抱く吾もまた魂(たま)見失う
 空蝉はセミの抜け殻。美しい言葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/16

大文字

大文字仰ぐ人影暗きなか洗い立てなるうなじの白さ
 もちろん浴衣の似合う女性なのでしょう、と想像している私は夜勤の身。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/15

終戦記念日

聞き取れぬラジオの音声敗戦の告示は今も耳に谺(こだま)す
 毎年玉音放送が再生されるので、リアルタイムに聞いたような気がします。

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2005/08/14

お精霊迎え

ご先祖が帰り給ふ夜家々の夕餉の卓も声賑やかに
 16日にはお精霊送り。お盆休みは慌ただしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/13

夕立(2)

雨雲の気まぐれ晴れて光さす空の青にも微笑み残る
 雨も水も大好きですが、青空を仰ぐのはまた格別です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/12

夕立(1)

見る限り水また水の檻のなか身動き取れぬ晩夏の夕立
 この時期夕立が多いですね。晴雨兼用傘を忘れずに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/11

旧暦七夕

天空は棚機姫の織る布か虹に綾なす雲美しく
 雲の造形は見飽きることがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/10

秋の足音

秋立つと暦のとおり時は経る暁の気はひやりと凍みて
 窓を開け放しているため、早朝に足元が冷えて目を覚ますこともあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/09

ナガサキ

鎮魂の鐘地に海に鳴り響け地球の寿命あまねく知らさん
 温暖化か核か、いずれにせよこの星はいつまで保つのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/08

空の青憎らしいほど眩しくて修正液の雨粒散らす
 雨雨ふれふれ♪の心境です。「蛇の目」って子どもにわかるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/07

桔梗

廬山寺に紫式部の庭ありてただ桔梗のみ風に揺れおり
 紫式部の邸宅跡とされる廬山寺。お庭は現代風のデザインです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/06

ヒロシマ

旗のなきポール影さす校庭は六十年の空の記録簿
 六十年の時の重み。歌にするのは難しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/08/05

鶏頭

鶏頭の紅燃ゆる昼下がり総てが静止する凪の刻
 真夏の午後はスローモーション。私の意識はモンタージュ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/08/04

清流に銀の鱗を光らせて跳ねる若鮎しぶき湧き立つ
 これは想像の歌。鮎釣りの好きな人と一度川に行ってみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/03

風鈴

風鈴がちりんちりんと響くとき幼ごころの吾が顔出す
 ガラスの風鈴を小さい頃に買ってもらって嬉しかった記憶が蘇ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/02

暑中見舞い

絵はがきを選ぶ楽しみ友宛ての暑中見舞の字も軽やかに
 早く送らないと「残暑見舞い」になってしまうのですが、気象と完全にずれてますよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/01

芭蕉布

指先でそっと触れればしなやかに芭蕉布奏でる島唄の色
 大変な労力をかけて作られる芭蕉布の反物。あこがれのきものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »