« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/30

西向く侍

晦日(みそかび)に思い出すのは祖母の声ニシムクサムライ指遊びして
 二四六九十一(縦書きだと士=侍)、ご存じですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/29

夜長

デジタルの時計を消して本を読む秋の夜長の果てしなき旅
 推理小説は寝床に持ち込み禁止とします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/28

コスモス

コスモスは眺める吾に目もくれず空の彼方の故郷を慕う
 コスモスは生けるのが難しい、、こっち向いてよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/27

言葉

言葉にて君に捧げんこの世界空という空海という海
 歌を贈って気を引く方が、今の世では新鮮かも。(筆ペンの練習しよう、、。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/26

香り

すれ違う人の後から香り立つ金木犀は風のみぞ知る
 風が思いがけず香りを運んできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/25

野分

東の遠き海より吹き来たる野分に萩の乱るる今日なり
 台風は意外な進路を取りましたが、こちらも一日強風です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/24

お彼岸

この川を渡りて問わん真実を汝は吾を愛していたか
 生者の心は移ろうけれど、亡き人は嘘を語ることはできない、と思いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/23

この種はいかなる夢を咲かすかと枕の下にそっと忍ばせ
 ブログのサブタイトルを変えてみました。たまには模様替えも楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/22

眠り

秋めいて長ながし夜をひとり寝る遠き虫の音子守歌にして
 なんといっても眠れば勝ちよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/21

アールグレイ

今朝もまた眠気覚ましの妙薬にアールグレイの香り愛でたり
 お気に入りはアーマッド社のリーフ缶です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/20

店先を彩る秋の果実たち二十世紀は顔色冴えず
 伯父が健在の頃は二十世紀梨が届くのが楽しみでした。時代も変わったと実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/19

月(4)

ゆきゆきて旅路の果てに見る夢は十六夜月の照らす荒れ野か
 望月の頃に死なんと思っても、十六夜月になりそうな予感が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/18

月(3)

窓辺にてムーンリバーを口ずさむ君の瞳に宿る満月
 月見団子はいただきましたが、名月ならぬ名画に見入ってしまい、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/17

月(2)

群雲の紗に覆われて光輪の青冴えざえと渡る月影
 今夜は待宵月です。月見団子を買いに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/16

月(1)

ドビュッシーの月の光が降り注ぐ夜の静寂(しじま)にしばし漂へ
 富田勲のシンセサイザー演奏がいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/15

秋草

秋の野に揺れる草葉のなかに立ち風と親しむ吾も草なり
 実際に、草臥れているので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/14

おやすみ

作者は汗だくでうなされております。
(どこが秋やねん、誰が決めたんや、気象庁か、Zzzz、)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/13

おやすみ

作者は夢の世界で遊んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/12

おやすみ

作者、睡眠中につきお休みしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/11

いつか吾旅に出むとて荷造りす約束の地はいまだ見えねど
 週末はふらりと旅に出たいのですが、眠りこけています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/10

鈴虫

御所の森鈴虫りりり闇は濃くただ聞こゆるはりりりりりりと
 今出川通の車の騒音をも圧倒する虫の音。いったい何万匹? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/09

葡萄園

つややかな実が木漏れ日に輝いて葡萄園には光満ちたり
 まぼろしの「神宮寺ワイン」はいずこに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/08

病み病みて秋の季節を迎へたり病葉(わくらば)拾いて栞となさむ
 台風が通過する3日間を寝通しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/07

台風(3)

目覚めれば台風一過の静けさに地崩れ倒木累々と見ゆ
 破壊の傷跡はニュースになりますが、真の自然破壊は知られないままです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/06

台風(2)

海原は荒れにぞ荒れし波間より太母の慟哭天貫けり
 人間が自然を害している一方で、「自然災害」が人間を苦しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/05

台風(1)

台風が来れば野性の声が言う風に向かいて雄叫びせんかと
 大自然の猛威に恐れをなしつつ、血が騒ぐのはなぜ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/04

チベットの鈴を鳴らせば銀色の波動は秋の空に拡がる
 民族楽器店で見つけた鈴、買う必要はないけれど、気になって。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/09/03

残暑

熱帯夜マリンブルーの気分ゆえカレンダーも八月のまま
 本日は36℃です。9月に入ったなんて信じられません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/02

稲穂

頭垂れ実りの時を待つ稲穂吾も夢みる黄金(こがね)の田園
 車窓から見る黄金色の田んぼ。年々少なくなっていくのが悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/01

重力

朝夕のこの身の重さいかにせん月よりの使者いまだ参らず
 9月に入った途端ダウンしています。かぐや姫の心境です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »