« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/23

冬支度

 作者は冬眠に入ります。今までお読みいただきありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/19

椋鳥

椋鳥の群のさえずりかしましく街路樹まるごと占領せんとす

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/18

音のない世界

深海の音なき世界に潜りたし憂しこと耳にすることもなく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/17

満月

うろこ雲龍の臥たる秋空に珠と輝く満月見たり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/16

金木犀

忍び入りて金木犀は香を残す部屋の書物の開いた頁に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/15

秋日

一点の曇り無き窓ガラスより差し込む秋日に包まれており

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/14

訃報

ガスの火を横目に受けし電話にて訃報さらりと告げらるる隙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/13

今ははや幻の夜となり果てぬ薄さわさわ穂を照らす月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/12

菊咲く

長月の朝風涼しベランダで小菊のつぼみ開くを数えり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/11

偏頭痛

左目の奥がうずいて始まれり偏頭痛の嵐の一日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/10

東京(2)

懐かしき友に出逢ひし喜びを心に抱きていざ帰りなん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/09

東京(1)

東京の狭き空突く摩天楼見上げて苦し吾は地を這う

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/08

東京行き

東京へ向かうのぞみを待つ駅はアナウンスの声いとあわただし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/07

毬栗(いがぐり)

栗の実は渋皮に殻毬の殻幾重に守られ肥え太りたり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/06

秋雨

秋雨のそぼ降る小径を傘もなく俯き歩く吾と白犬
 しばらくコメントなしで続けてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/05

紫式部

玉連ねビーズ細工のごとき花身にまといたし紫式部
 紫式部という花は今がちょうど満開です。きれいなパープルカラー。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005/10/04

小雨

自転車が夕闇ぬうて走りゆく季節はずれの蛍火灯し
 京都は自転車王国です。ライトつけないのは盗っ人チャリと呼びたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/03

銀杏

黄葉の定めを予感せるごとく銀杏並木は萌黄一色
 緑から黄色へ。その変化の中で一瞬青春を見たような黄緑に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/02

時鐘

空はまだ薄暗き朝いずこより鐘が響くや唸るがごとく
 遠いお寺の鐘がよく聞こえます。托鉢僧たちのかけ声も京の音。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/01

あけぼの

太陽の再生祝いて空は笑むたなびく雲はばら色の頬
 最近は4時に目が覚めるので、美しい日の出を楽しんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »