« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/31

除夜の鐘

この年も無事に過ぎたと合掌するいずこか知れぬ鐘に向かひて

眠ったり起きたりの「夢みる短歌」にお越しいただきありがとうございました。

どうぞよいお年をお迎え下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/30

北紀行(2)

山陰の荒波寄せる海岸を見下ろす山の肩は丸まり

かつて山陰本線に同乗した友人が、「山がかわいいね。」と言っていました。やわらかな山容は地層学的にはまだ歴史の浅い山なのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/29

北紀行(1)

雪深き丹波の里はひっそりと無人の駅に足跡もなし

何十年ぶりかで山陰本線に乗りました。民家は町中と変わらない建物に変わっていましたが、里の雪景色は懐かしい思いをかきおこしてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/28

仕事納め

柔らかな陽ざし浴びたるシクラメンは仕事納めのオフィスの彩り

今年は深紅のシクラメンがひっそり留守番をしてくれるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/27

南天

みぞれ降る暗き軒先たわわなる南天の実は朱に輝きて

京都では、難を避けるという語呂合わせから、必ずと言っていいほど鬼門の位置に南天が植えられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/26

給料日

ボックスのATMに並ぶ列気色ばみたるカードと顔と

手数料が無料だからか、今日の銀行は長蛇の列です。師走だからか、殺気立っているような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/25

クリスマスツリー

金銀のモールからまる針葉樹なだめつしまうツリーよさよなら

お雛様ではないのですが、終わったら早く片づけなくてはと思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/24

聖夜

シャンパンの泡立つ静かな歓びが凍てつきし空を溶かす聖夜

私の聖夜はノンアルコール、両親とのいつもの食卓でした。皆さんはいかがでしたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/23

雪抱く屋根の連なる町並みを純白に照らすまっさらな青

雪が溶けずに残る寒さ。今日は青空です。写真日和ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/22

大雪

大雪は吾を眠らせわが部屋を繭に包みて降り積もりけり

昨日の天気予報を見て嫌な予感がしていたら、案の定、大雪に見舞われた今日は完全にダウンしていました。クラクションの音ばかりが聞こえていた一日です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/12/21

ポインセチア

鮮やかな赤と緑に惑わされ名を忘らるる花の哀しさ

花なのか葉なのか、じっくり見たことがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/20

スノーボール

ビル風にあおられ渦を巻く吹雪スノーボールに吾も漂ふ

 雪が風にあおられて上に舞い上がるのを見ていると、不思議な感覚に襲われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/19

冬型

冬型の気圧配置に居座られ吾は猫抱き炬燵にもぐる

「この冬一番の寒波」が枕詞になってしまった天気予報。猫を飼いたくなる冬です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/18

幼な子の命守れぬ濁世を浄化するとて雪降らせ給ふ

 目覚めたらしんと静かな朝は雪が降ったしるし。続く事件に心を麻痺させてはならないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/12/17

オルゴール

夜空より雫のごとく星降りて光連なるオルゴオルの音

 いまだに韓国ドラマ「オールイン」の主題曲が耳について離れません。オルゴールは冬に似合うと思うのですが、季語になるでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/12/16

満月

大雪に埋もれる街を冴えざえと照らし出す月丸く凍れり

 猛暑の次は厳寒に襲われる日本列島。地震が起きませんようにと祈っております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/15

チャイム

襟を立て急ぎ歩く人びとに降るチャイムの音「きよしこの夜」

 河原町三条の朝日会館から午後6時を告げるチャイムが響きました。ちゃんと季節に合わせて選曲されていることに、初めて気づきました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/14

討ち入り

討ち入りの日に契りたる果報かな老いたる父母は金婚を祝ふ

 お祝いに温泉旅行でも贈ろうとしたら、二人揃って夏川りみのコンサートに行くそうです。娯楽の好みが正反対の夫婦だったはずだけど?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/13

雪の朝

厳寒に比叡も雪を抱きけりお堂も真白に閉ざさるる朝

東向きの窓から比叡山が眺められます。山は根本中堂をはじめお堂が並ぶ広大な寺域。雪深い山での修行に思いを馳せて、、(実際は降らなかったのですが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/12

木枯らし

錦秋の名残とどめる深山より木枯らし吹いて冬は来ませり

とうに冬ですが、低地の山はまだ紅葉が残っています。今年の秋は短かったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/11

日だまり

屋上で晴れた冬空ひとりじめ背も丸くなる日だまりのなか

3階建てのアパートですが、近辺にビルが少ないため屋上は360度の見晴らしの良さ。寒いけれど冬の日だまりに佇むのは好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/10

イルミネーション

白き息指に吹きかけ待つ人を優しく照らすイルミネーション

 買い物を約束した彼を待っているのかな?ずいぶん長い間立っている女の子がいました。「待った?」と聞かれても「今来たところ。」と答えそうな感じの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/09

結露

いちめんの水滴に曇る窓ガラス外界隔つ冬のカーテン

冬眠中ですが、ぼちぼち作歌に戻ろうと思います。元旦はお題を詠むのが目標!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/08

島唄(11)

イソロマニア新しき語を覚へたり島を恋ふ人いかに多きか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/07

島唄(10)

水牛車ごとごと歩むその後を三線(さんしん)に惹かれ吾も付き行く

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/12/06

島唄(9)

常夏の南の島の白砂の道に陰さすブーゲンビリア

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/05

島唄(8)

赤瓦シーサー睨む屋根の上黒雲押し寄せスコール放つ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/04

島唄(7)

歌詠めば詠むほど出づる哀しみの源問ふな天満つる星

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/03

島唄(6)

今宵また泡盛飲み干す旅の宿島唄爪弾くおじいは八十路

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/02

島唄(5)

自転車のペダル踏む足ゆるゆると黄蝶白蝶ルリ蝶舞う径

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/01

島唄(4)

吾もまた青に染まらぬ哀しさよ海は白波空は白雲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »