« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/27

強風

乱れ髪ものともせずに風のなか笑いさざめき柳は踊る

これが春一番でしょうか? 外は強風、私は風邪引きで家の中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/26

雨上がり

流れゆく雲を見渡す雨上がり匂ひ満ちたるこの水半球

雨の日曜日。ひたすら読書に没頭しました。(掃除も洗濯も後回し。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/25

梅(6)

枝々に珠の連なる景色かな一分咲きなり天神の梅

北野天満宮の梅まつり。境内の梅は満開までまだまだかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/24

梅(5)

石段をあえぎ上りて息つけば梅の香清か胸にしみ入る

桜の香水を試してみたけれど、ちっとも桜らしくありませんでした。梅の香水はありませんか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/02/23

梅(4)

梅が枝を捧げ持ちたる巫女の舞紅の口元きりりと結びて

新作能「紅天女」をぜひ観てみたいです。ねっ、門真先生。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/22

梅(3)

白ひとつ紅はふたつと指さして母を誘う吾子の梅林

子どものいない私には「みなわが子」です。大きな子は怖くて叱れませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/21

梅(2)

薄紅の盆梅笑むや早朝の姉小路は陽射しに満ちて

姉小路は住民がそれぞれに花を咲かせて町づくりをしている通りです。ピンクの梅が満開でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/20

梅(1)

病床の老父は湯ざまし啜りつつぽつりつぶやく梅は咲いたか

現実の父はピンピンしています。たぶん梅より馬のことを聞くでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/19

雨水

明け方の底冷えゆるむ候となり鳥鳴く声も軽やかに聞こゆ

最近忙しくて作歌もまとめ詠み。今日はまとめ眠りさせていただきます。Zzzz。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/18

春の光

惜しみなく降り注ぐ陽は暖かし太母のまなざし芽吹きを促す

太母とは地母神のこと。グレイトマザーとも言われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/17

暮れどき

春の暮れ空まだ明かき西のかた老の坂道めざしてゆかむ

京から西に向かう関が老坂(おいのさか)。人生の折り返し地点をとうに過ぎている、、。行くなら八重山に行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/16

椿

咲き乱るる紅の椿は雨に濡れ艶やかな葉に別れを告げる

椿は大好きな花。満開の椿を見るとなぜか嬉しくなります。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006/02/15

気の早い春

気まぐれな春の陽気に誘われていつもと違うバスに飛び乗り

暖かな一日、桜が咲きそうな気温だったそうです。梅はそろそろ見頃でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/14

バレンタイン

男(お)の子らに捧げる品は変われども今も昔も変わらぬは恋

昔は「三倍返し」の風習はなかったはず。日本人は本当に贈答が好きなんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/13

望月

しんしんと夜の静寂(しじま)を貫きて吾を捉える望月の影

言葉を失うほど美しい満月でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/12

青空

雲ひとつなき蒼穹の天蓋を翔る翼をなくして久し

「この空を飛べたら」と中島みゆきも歌っていましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/11

眠り

一日を臥して過ごせり如月の光おぼろに照らす寝間にて

週末になると布団にとけ込んでおります。今日は暖かかったので暖房いらずでした。(体温は37度、エアコンやヒーターよりも省エネです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/10

樹下

道半ば行き暮れて臥す樹下の夢果てなき生を舞いわたりけり

お誕生日のカードをいただき、ありがとうございます。ケーキの代わりに桜餅でお祝いしました。(さすがに蝋燭は、、。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/09

朝日

ビル窓に映る旭光明々と東と西に対なす朝日

朝一番にカーテンを開けると目に飛び込んでくる朝日。実は家の西に建つビルの窓にくっきり映る鏡映像です。「本日は晴天なり。」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/08

微熱

ほろほろと額の下から溶けてゆく微熱もつ身は形を失ひ

風邪がまだ身中にくすぶっているようです。眠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/07

蝋梅

みぞれ降るほの暗き空に蝋梅の小さな灯りを道しるべとす

名の通り、蝋でできたかのような花びらは、雪にぬれてもびくともしません。黄色の花が点々と開いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/06

雪が降る

雪は降る庭の飛び石椿の木竹垣のうえ沈黙のなか

本日も雪。白いダウンコートを着て出勤すると、スノーマンになった気分です。飛べたら最高。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/05

寒の戻り

君の手と吾の手合わせ伸ばせたなら瞬間凍結離れぬものを

会者定離。ポクポクポク。(「白夜行」で『歎異抄』を引用する武田鉄矢は見たくありません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/04

無垢

今朝もまた産声上げる赤子あり無垢のうまるる立春の雪

寒の戻りで朝から小雪が降っております。冬眠をまだ続けたいのですが、働かないといけないし、ね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/03

プチ冬眠中

 持病の片頭痛に風邪が合体してこの1週間、臥せっております。(身から出るのは歌ではなく、不純物です。体内大清掃中というところ。)立春には起き出したいと願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »