« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/31

五月蠅

桃色も目に五月蠅くては如何にせん屈折したる偏執哀れ

さすが五月、このブログにも蠅がぶんぶん。見つけたら退治していますが、お目汚しをご寛恕ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/30

雲雀

幼き日遊びし野原今もなほ雲雀の歌は耳に残りて

京都の町中では雲雀のさえずりを聞くことは滅多にありません。たまに耳にするとたちまち子ども時代の思い出が蘇ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/29

麦秋

青空を見返す畑は黄金色麦穂の波に雀戯れ

テレビで香川県の小麦畑を見ました。一面の黄金色にうっとり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/28

微睡(まどろみ)

ガラス器に浮かべたる薔薇(ばら)匂ひたち時を忘れる午後の微睡

ベランダで咲いているより、手元で眺めてあげようと、薔薇を水に浮かべました。ゆらゆら意識も揺れています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/27

比叡

空低く垂れこめたる雲海に頭巾被りて比叡もかすむ

こんな曇りの日には比叡山山頂は視界不良でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/26

ヒメジョオン

雑草といふ名の草は無いものと宣言したりひめじょおんの群れ

雑用という名の仕事もないですよね、課長。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/25

薔薇

この夏も蕾(つぼみ)ほころぶ薔薇に吾水遣る朝の静かな歓び

数年前は丈15センチのミニバラが、今では60センチの高さに育ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/24

夏日

夏日浴び新茶の入荷告げる字も弾むが如き茶舗の店先

「夏やわー」と実感する、まさに夏のような暑さです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/23

折り紙

紫に空色ピンク色の紙折りて作らむ紫陽花の花

受付に季節の花を折り紙で飾るようにしています。一足お先にあじさいが登場しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/22

祭りの後

拝殿に鎮座まします御輿二基祭りの余韻金色に映ゆ

週末は布団に沈没していたので、祭りのクライマックスである神幸列も神輿も観ることができませんでした。今夕、人気のない境内で一仕事終えた御輿たちを拝みました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/21

夜の香り

献灯も消されて暗き路地行けば花の香りを風運び来る

お昼にお祭りの行列が通っていった路地。夜はひっそりと静かでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/20

宵宮

宵宮に君に似た人見かけては記憶をたぐる篝火の影

下御霊神社の宵宮。私は一日布団の中でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/19

水たまり

水たまりよけて歩けどつま先がみるみる滲みる心も染みる

雨は好きですが、程度というものがあっていいと思う。降りすぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/18

鉄線

無垢といふことばを花に表せば白き鉄線初夏の陽浴びて

お隣の軒先の鉄線が満開です。紫色はよく見かけますが、どちらも涼やかな姿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/17

天気図

南海に台風1号渦を巻く天気図見れば恋し美(ちゅ)ら島

バーゲンフェア航空券を買ってしまいました。予約変更不可能と知ったのはクリックした後、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/16

曇り空

朝寝して窓を開けば曇り空こころ模様を映し出すやに

昼から夜までの勤務の日は朝寝三昧。でもちゃんと「純情きらり」は観ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/15

月曜日

デスク上並んだメモはモザイクにいまだ目覚めぬ週明けの朝

そのままを詠んでどうする?とつっこんでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/14

せせらぎ

せわしなき歩をとめて聞く鴨川のせせらぎ遙かいにしへ思ふ

用事でかけずり回る日曜日、鴨川の流れを見るとほっとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/13

週末

泥沼に沈む重き身横たえてそぼ降る雨を子守歌とす

体力以上に働いて、週末はダウン。早期退職を夢みる週末。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/12

ガーベラ

幼な子の描く花に似てガーベラは色とりどりの笑ひ顔なり

母の日のカーネーションをネットで探していたら、ガーベラの花束が目に留まりました。これで決まり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/11

ツツジ

街路樹のツツジ満開紅の道となりけり薫風渡る

銀杏は緑濃く、ツツジは色鮮やか。ドライバーも目を奪われそうな景色です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/10

菖蒲

ゆるぎなき意志を示して水盤に直立するか菖蒲の気概

端午の節句にふさわしい姿です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/09

夏服

髪切りて項を撫でるそよ風に麻の夏服買ひに行きたし

買いに行く暇がなくて、ネットショッピングになってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/08

小手毬

小さきもの愛しく思ふ雨の日に傘を連ねる小手毬の花

小手毬が好きで実家の庭に植えました。生け花にすると花びらが散って大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/07

青楓

染付のコバルトブルー清々し見れば恋しき水辺の楓

白地に青の映える染付の器。水に親しむ初夏に似つかわしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/06

風薫る

つば広の帽子をあおる風さえも若葉の息吹まとひて清し

風に吹かれて飛んでいきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/05

子どもの日

千人の子ども生みつつ千人を殺める吾ら鬼子母神の仔

こんなにも子どもが愛され、かつ憎悪を向けられる時代です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/04

モーツァルト

天高く翔る調べに果てしなき哀しみうつすモオツァルトの眼

今年はモーツァルトイヤー。小林秀雄の随筆を久しぶりに読み返しました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/05/03

形なき器に水を貯めんとてあまねく照らすやこの空の青

天気図にお日様ばかりが並ぶ日です。全国的に晴れなんて滅多にないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/02

山笑ふ

二つ三つ花咲くツツジを舞ひ渡り蝶向かふ山笑ひて座したり

新緑の山を見れば満面の笑顔のようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

新緑

このみどり黄緑みどり青緑吾も染まりて一葉となる

土のなかのどこにこれだけの緑の素が潜んでいたのでしょう。ただただ圧倒されます。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »