« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/30

茅の輪

つごもりに茅の輪くぐりて浄めたる身をば焦がすや夏の恋猫

水無月の30日は夏越(なごし)の大祓え。半年分の穢れを祓う行事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/29

茶葉

お湯のなか緑ゆるゆる開きゆく羽化するさなぎのごとき茶葉

こう暑いと冷やし麦茶が頼りですが、ときには煎茶を淹れ、氷を浮かべていただくのもいいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/28

睡魔

甘やかに夢に誘う魔のものに身をゆだねたし真昼の隙間

「なんでこんなに眠いんかな?」「成長期だからでしょう。」と話していたら、50歳の同僚が「人間死ぬまで成長や。」と一言。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/27

睡蓮

睡蓮の輝く冠捧げ持つ蛙は王子になる日を待ちて

雑貨屋さんでカエルが人気ですね。小さい頃は身近にいっぱいいたのに、今はほとんど見かけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/26

和太鼓

和太鼓の響き足より地鳴りして倭国(やまと)の律動魂を震わす

昨夜「鼓童」の公演を観てきました。ものすごいエネルギーをもらった気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/25

山紫

梅雨空に和紙ちぎりしか紫の比叡の山裾かくも優しく

東向きの窓から眺める比叡山。毎朝異なる表情を見せます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/24

西瓜(すいか)

種宿す赤き絶壁ざっくりと西瓜切る手は潔きよすぎて

紙パックの果汁を飲むより、西瓜を買って食べたい。丸ごと1個買えないのが無念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/23

慰霊の日

碑に刻まれし名を読み上げる声なき声は海を越えゆく

摩文仁の丘に一度は行きたいと思いながら、まだ果たせていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/22

白百合

白百合の首傾けて物憂げに翼広げて飛ぶ夢を見る

辛夷の花もそうですが、白く厚い花びらを開いた様が鳥に見えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/21

夏至

さくらんぼ切り子ガラスに並べれば心も円き夏至の食卓

佐賀錦は眺めるだけ。アメリカンチェリーはちょっとガングロという感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/20

雨(5)

難曲を弾き終えたるソリストに雷雨のごとき拍手轟(とどろ)く

五嶋龍くんのコンサートに出かけました。「万雷の」拍手ということばを実感。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/19

雨(4)

頬伝ふ涙も雨とあひ濡れる傘と君とを失ひたる夜

私の特技は傘を無くさないことなのですが。(すべて忘れ物センターで回収しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/18

雨(3)

ため息も涙も汗も水となり雨の一滴地球を潤す

飾りじゃないのよ涙は♪。体内から出る水分も水蒸気となって循環します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/17

雨(2)

紫陽花の群の根元にうち臥して慈雨の雫に打たれて死なむ

桜の下もいいけれど、紫陽花の下というのも魅力的です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/06/16

雨(1.5)

こぬか雨水面に浮かぶ一葉の吾は水なりいずこへ流れむ

まとめアップしていたら一日分を抜かしてしまいました。意地でも欠かしたくないので、(1.5)を挿入します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/15

雨(1)

真直ぐに空を見つめてたじろがぬ日日草の顔濡らす雨

ここのところ更新が遅れて、まとめアップが続きます。今回は「雨」シリーズです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/14

蔦(つた)

わがこころはびこる蔦に覆われり水琴窟の音聴く間にも

あっという間に一日が過ぎます。日が長くなったのに、なぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/13

麦茶

空梅雨に氷浮かべて麦茶飲むどこか遠くで風鈴ちりり

梅雨入りしてから好天続き。暑い日には麦茶が一番。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/12

サッカー

鞠を蹴る今も昔も変わらぬは芝の青さよ空の青さよ

背後で対オーストラリア戦中継中です。まだ得点がありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/11

茶室(5)

風炉うちにくべたる香が薫りたつ時空を超えて無限の岸辺に

お茶室は異次元の空間だと思います。トリップするためにはルールと修練が必要。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/10

茶室(4)

漆黒の深き虚空に注がれし抹茶の緑香りたつ時間(とき)

黒の楽茶碗に抹茶色、これほど見事な色の対照を演出した利休はすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/09

茶室(3)

水無月の静寂のなか耳に沁む釜の松風茶筅振る音

茶筅を振る音で修練の度合いがわかるそうです。私にはシャカシャカとありがたく聞こえるだけですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/08

茶室(2)

竹籠に夏の花々楚々として朝露の名残りとどめたるかも

お稽古では毎回さまざまな茶花に出会えるのも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/07

茶室(1)

一礼し床の掛物拝見す日々是好日今日も善き日と

忙中関ゼロの日々、気がつけば6日も更新していない、、というわけで「茶室」シリーズで「お茶」を濁しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/06

銀杏並木

駆け抜ける銀輪の群れ見下ろして銀杏並木は笑ひさざめく

京都市内の移動には自転車が最適。でも無謀運転も目立ちます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/06/05

青梅

青梅を並べる手にも陽は熱く琥珀の美酒を欲するが如し

今年は梅雨入り前に梅しごとに取りかかれそう。ホワイトリカーの代わりに上等な焼酎を使うのが私の流儀です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/04

サンダル

サンダルのかかと鳴らして石畳歩く少女の髪は弾みて

「下駄履きお断り」の次に「ミュールお断り」と書いた方がいいと思うこの頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/03

夜風

水無月の夜風は涼し薄墨の空にふうわり舞ひ上がりたし

干した毛布を取り込みに屋上へ上がれば、思いがけず気持ちのよい風が、、。毛布は吹き飛ばされて洗い直しです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/02

不眠

明け烏眠れぬ夜は白々と静寂(しじま)の断片喰ひ散らしおり

多難の日々、不眠が続いています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/01

青磁

その肌に触れれば指は一瞬に透けて光るや青磁の香炉

いつも眺めるだけ。古美術店の店先に飾られているお宝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »