« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007/10/31

北山杉

緑濃き杉のふるさと北山は菱を連ねて眠りに誘ふ

仕事で周山行きのJRバスに乗って北山杉のふるさとへいきました。高雄・栂尾の紅葉はまだまだ先です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/30

紅葉

鴨川の堤の木々も知らぬ間にこひ色に染まる秋深まりて

久しぶりに鴨川を渡って、紅葉が次第に進んでいるのを発見。イチョウが黄金になりつつあります。モミジはまだまだです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/29

みかん

花びらに剥いた蜜柑の皮を干す夏日なれども冬を思ひて

蜜柑の皮を干してネットに入れ、入浴時に浮かべます。ゆず湯ならぬみかん湯を楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/28

清流園

木漏れ日が清流園の苔庭に絵巻えがくをうち眺めおり

二条城市民大茶会に行ってまいりました。楓はまだ青いですが、紅葉し始めている木々が美しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/27

微熱の街

台風が東の海上進む日になま暖かき街をさまよふ

京都の町中は観光客でいっぱい。そういう私も3日前は長崎にて観光客のひとりだったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/26

欠伸(あくび)

雨雲に空占領されて吾の場も不確かな午後欠伸とまらず

さすがに疲れがたまって、生あくびばかりしていました。明日も出勤です、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/25

満月

雲海の波間に揺れる宇宙船いずこに行くや十五夜の月

あいにくの曇天ですが、ときおり顔をのぞかせる満月です。中国のロケットまで加わって、月もかこち顔?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/24

長崎夜景

長崎の港に灯す涙粒地にとどまるは悲しと光れり

天主堂や平和祈念像にこめられた祈り。夜景は切ないほど美しかったです。

長崎5日間の旅日記を裏ブログに綴る予定です。リンク「もうひとつの顔」からご覧下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/23

眼鏡橋

十三夜空を映すや眼鏡橋時の流れに絶えず磨かれ

裏ブログ ochanomizu でのお仲間である uragojp さんとお友だちのご案内で、眼鏡橋がひときわ美しい中島川沿いや風情ある商店街(アルコア中通り)、寺町を歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/22

大浦天主堂

大浦の御堂の鐘の音羽ばたきて石段の坂翔びゆく小鳥

オランダ坂から大浦天主堂へと歩きました。ちょうど正午に鐘が鳴り、石畳の坂の多い山裾に柔らかく響き渡りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/21

海岸線路

下降する秋陽めがけて大村の海岸線を列車は這いゆく

ハウステンボスから諫早までの、各駅停車の旅です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/20

長崎の海

雲間より差す淡き陽に大村の内海さざ波ちりめんと見ゆ

長崎空港に着陸する直前、機は大村湾を旋回しました。穏やかな海面でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/19

結界

愛すれば傷つくを恐れ結界に籠もる君にぞ飽かず呼ばはむ

たまには恋の歌なども詠んでみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨だれ

長雨に降り込められて頬寄せるガラスを伝ふ滴の軌跡に

朝から雨に降り込められた一日。明日からは長崎よりモブログ(携帯からの投稿)で歌をアップします。(一応テスト済みですが、うまくいくかな?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/18

水鏡

吾に似るひとを恋ふる哀しさを指で裂き割る水鏡かな

惹かれる人はどこか自分に似たところを持っている、と思いませんか。これってナルシシズムの成せるわざでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/17

夕闇

群青の天蓋見上げ星を待つこころ静かに潮満ちるとき

星空が美しい晩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/16

香合

茶道具に注ぐ眼差し恥らひて青磁の香合ほのかに照る午後

茶道具店でいろいろなお道具を眺めるのは至福のひととき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/15

ひつじ雲

ひつじ雲ただよふ空を切り取りて小窓はいつか碧玉となる

深みのある秋空の色。雲の造形の趣。上ばかり向いて歩いています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/10/14

数珠玉

数珠玉を探して草をかき分けた幼き頃に遊びし河原よ

鉛がかった青や緑のじゅず玉を集め糸に通して遊んだ、塾もゲームもなかった。自然に抱かれて遊んだ子ども時代は私の宝物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/13

カシミヤ

秋深し人恋しきかなカシミアのセーター抱きて頬杖をつく

洗えるカシミアのセーターを買いました。ペットが飼えないマンションなので、頬をすりすり感触を楽しんでいます。(もったいなくて着られない?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/12

泣き虫

たまきはるいのち震はせなく虫の声聞く人は闇を見据ゑよ

最近、泣き虫になっています。うるうるうるる。

部屋の片づけが遅々としながらも進んで、ようやく古語辞典が出てきました。怪しい旧かな遣いもこれで改められます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/11

美工展

ほとばしる若き熱情抱きつつ創造の芽をはぐくむ学舎(まなびや)

京都市美術館で本日より市立銅駝美術工芸高校の「美工作品展」が開催中です。(14日まで。入場無料)未来のアーティストや名工を探しに来ませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/10

金木犀香る

この朝に空気は花の香り帯び吾軽やかに世界に出でたり

昨日から空気が冷たくなり、待望の金木犀の香が感じられるようになりました。秋はこうでなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/09

待つ心

返事待つ心はいつも定まらずメールボックス今日も開けれど

重大な相談事をメールで頼む私が悪いのだけれど、3週間待っていますよ、先生。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/08

眠気

秋雨に滴したたるガラス戸の繭にこもりて一日眠れり

Zzzzzz。眠いので、失礼します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/07

白鷺

鴨川の浅瀬にとまる白鷺の思惟の声は静寂(しじま)のなかに

毎朝いろいろな鳥の声が聞こえる寝床です。鳥語がわかれば楽しいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/06

金木犀

いずこにも金木犀の香を聞かず虫の音もなき秋ぞ甲斐なし

京都だけなのでしょうか? 金木犀の香りがまったくしませんし、夜になっても虫が鳴かないのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/05

下野(しもつけ)

細やかに紅重ねたる下野のその慎ましき佇まいこそ

最近ゴーマンになっている己を顧みて反省しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/04

コスモス

秋風に頭(こうべ)揺らしてコスモスはいいよいやよと迷ふ吾なり

To quit, or not to quit.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »