« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/31

夕焼け

茜色に縁をにじませ行く雲にさよならいつか友になろうと

大人になってからひとと友だちになるのは難しいな。小中高大と友だちに恵まれた私は幸運だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/30

人通り少なき街を歩く夜見上げてごらん星も歌えり

10時前にはしんと静まっている裏道、ライトをつけずに走る自転車にぶつかりそうに。違法走行を蹴ったら、やはり犯罪になるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/29

青空

気の重い作業の手を止め見上げればどこまでも続く雨後の青空

もう一つ身体がしゃんとしませんが、青空に励まされつつ仕事を終えました。後は寝るだけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/28

病後

床の上土嚢のごとく積み上げる病み上がりの重たい吾が身

仕事に復帰してまだ2週間目だということを忘れ、ちょいとハッスルしすぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/27

天使突抜

高みよりつぃいーつぃいーとさえずりが降り注ぐ路天使突抜

京都市内には珍しい地名が多くあります。○○突抜というのもそのひとつ。「天使突抜」は堀川五条の近くにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/26

麦秋

麦秋の畑さやさや日に焼けてはしゃぐ麦の穂刈り入れを待つ

TVで刈り入れ前の麦畑を見ました。小麦が値上がりして、パンも値上がり。誇らしげに見える麦でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/25

鳴く鳥

鳥たちの鳴きかわす声空高く残響曳きて初夏をわけゆく

鴨川が近いので、鳥の声が一日中楽しめます。カァカァ、ぴーひょろろ、チュンチュン、ぴーぴー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/24

曇天

薄墨に緑青足して筆運ぶ天の描いた比叡の稜線

快晴の日の比叡山もきれいですが、薄曇りの日も日本画を見るようで、いいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/23

綿毛

ふわふわのタンポポ綿毛の寂しさよ解けてほぐれてちりぢりに飛ぶ

ふーっと吹き飛ばすのが、かわいそうに思えるのは、もう若くないということかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/22

染付

染付の絵皿に魅入る店先にコバルトブルー寄せる夕暮れ

運動のために歩いて通勤しています。骨董店の多い通りは見るものすべて珍しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/21

野遊び

吾が心眠気のうちに漂いて花咲く野辺にしばし遊べり

とてもいい天気で、昼下がりで、仕事に追われているわけでもなく、隣の芝生を眺めていると、こうなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/20

ゼラニウム

軒下の園芸家たちの情熱やゼラニウムの紅いよいよ紅く

最初ゼラニウムを見たときには、「日本の家には合わない色」と感じたのですが、今やすっかり馴染んでいます。とにかく丈夫なのがよいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/05/19

雨傘

主を待ち首を傾げる雨傘がぽつねんと立つ更衣室前

持ち主不明の傘がだんだん増えていく、、。持ち物は大事にしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/18

神輿(みこし)

男らの担ぐ神輿は朱と金に五月の陽光散らして進む

下御霊神社の神幸列が路地を埋め尽くしながら町々を巡回していきます。絶好のお祭り日和です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/17

大楠

鴨川の大楠見れば懐かしき木陰の自転車群れなす学舎

大きな楠の下に自転車が放射線状に並べられて。今は丸天井のように繁っていることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/16

夕日

目に映るあらゆるものの輪郭が沈む夕陽に金色浴びる

京阪電車に乗っていると、淀~八幡市辺りで雄大な夕日を見ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/15

葵祭

ほとぼりは行き交う人の目元にも残れり葵祭のこの日

あっぱれと言いたい五月晴れ。朝夕の通勤時に祭の予感や余韻を楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/14

街路樹

いつの間にかく繁りたる街路樹の銀杏は街を覆い尽くせり

先週はまだ若葉だったはずですが。恐るべき生命力です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/13

洋書店

懐かしい紙とインクの匂いにも紫檀の香り混じる洋書屋

川端丸太町のおしゃれな洋書店「Green Books」に立ち寄りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/12

飛行機雲

いたずらに張った弦かと鳥たちがかき鳴らしゆく飛行機雲

朝のうちは雲が多かった空も、夕方には晴れ間が広がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/11

眠り

一刻の眠りのあとの気だるさに見上げる空はペールブルー

予報通り午後には晴れ間が覗き、陽も射しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/10

雨滴

夕靄にかすむ比叡に降りかかる雨粒静かに窓を濡らせり

一日中雨が降ったりやんだり。大文字も雲に隠れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/09

曇り空

倦怠の雲渦巻いて立ちこめるこの身の重さ壁に預けん

昨夜歯科で麻酔された後に、半分しか動かない口で友人と新鮮な魚料理を堪能しました。マイ・ストローで焼酎のオンザロックを飲んだのですが、今日は麻酔が効きすぎてか寝込みました、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/08

三日月

釣舟にどんな茶花を活けようか今宵三日月宇宙に浮かぶ

釣舟という花入は鎖で吊すため、その涼しげな姿を盛夏に見ることが多いです。絢香の「三日月」の歌も大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/07

薫る風

風薫る頁をめくる右手にも青々とした息吹残りて

鴨川にかかる橋から北山を見渡せば、どこもかしこも緑が微笑んでいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/06

緑陰

疎水べり緑の小径を吾ひとり木漏れ日模様に染まりて愉し

連休最終日は見事な五月晴れです。風も通り、さわやかな気分でまどろみかけています、、Zzzz。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/05

立夏

通り雨に水得て真鯉も生き返り男子(おのこ)の夢を夏空に追う

子どもの日にあいにくの雨。デパートは子ども連れでいっぱいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/04

薫風

そよ風にうなじ撫でられヒナゲシはふわり笑顔でお辞儀しており

近所の生け垣に細身のひなげしを見つけました。はかなげな見かけによらず、たくましいんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/03

テッセン

テッセンの白と紫花見れば井戸の水音聞こえたような

ご近所の垣にテッセンが美しく咲いていました。見るからに涼しげな風情がいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/02

水の匂い

かすかなる水の匂いをたどりゆく無意識という冥き迷宮

栓の甘い蛇口から滴りおちる水の音。すごく懐かしいかんじがしませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/01

青葉

新緑より滴り出づる生命の奔流おおふ五月の野山

おまけに夏日に見舞われて、若葉の苦みにあてられたようにぼーっとしています。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »