« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/31

あんみつ

月ヶ瀬のあんみつ食べて草生ゆる露地に涼めば夕闇深し

甘味処「月ヶ瀬」であんみつをいただけば、あわただしい一日の疲れがすうーっと溶けていきます。甘みあっさりのあんみつはイチオシです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/30

蝉時雨

蝉時雨まどろむ吾に降りかかる短き命いかに奏でん

久しぶりに朝日が差し込み、蝉の合唱が勢いづきました。いつもは暑苦しく聞こえる蝉時雨ですが、これが途絶えたらと思うと怖いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/23

大暑

風渡る夕闇ベランダこの夏も君の体温計りかねてる

高熱でも危ないし、低体温症も怖いし、体温ってけっこうデリケートなものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/22

日蝕

日蝕を老いも若きも仰ぎ見た2009年7・22

図書館を出ると通りに人々が立ち止まって上空を眺めていました(こっちの方が異様だった)。三日月みたいな部分日蝕、おかげさまで見ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/20

大雨

この雨は天の撃ちたる水の弾貫通される地は呻くのみ

ものすごい大雨。まさに滝のような轟音に聞き入ってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/17

山鉾巡行

ビル街の銃眼もどきの空を制し鉾は堂々夏を拓く

お昼休みに職場前の通りから御池通を眺めると、ビルの隙間をゆっくりと長身の鉾が通るところでした。その存在感に圧倒されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/16

宵山の虹

宵山に南の空も華やいで虹の短冊ちまきに掛ける

仕事帰り、宵山の人混みを避けて御池通に抜ければ、南の空に大きな虹の一部が見えました。明日はどこの山鉾のちまきを買おうかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/15

夾竹桃

この夏も夾竹桃は鮮やかに記憶の欠片またひとつ置く

親の介護で大阪に来ています。パソコンが動かず、ケータイからの投稿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/11

葦の舟

せせらぎに葦の小舟の櫂もなく流れ流れて早五十年

半世紀も生きたら十分、私にとってはこれからが余生です。しかし、暑いなあ、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/10

湿度

水玉を呑み込み飽和する大気べたつくものをみな吹き飛ばそうよ

盆地で夏はサウナ状態の京都。この時季だけは北へ行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/09

祇園囃子

熱こもる大路小路に一息の涼を吹き分け祇園囃子

気温が30度を超える蒸し暑い町中に、祇園囃子が聞こえてくると、その涼やかな音色にひとときなごみます。ホントに耐熱スーツがほしい、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/08

トンボ

雲間から夏日さし入る昼下がりハグロトンボは草にまどろむ

久しぶりに髪を切りに行きました。美容室の草生い茂る坪庭にハグロトンボをみつけました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/07

七夕

天の川目には見えねどかささぎの橋渡る音笹の葉ずれに

子どもの頃は天の川を観ることができたのですが。今夜は雨も上がって絶好のデート日和となりそうですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/06

きまぐれな雨

気まぐれに都を潤す雨雲を恨むこころもうつろう夕べ

ごぶさたしております。

今日にしはさんから表ブログに以下のようなコメントをいただきました。

お茶も良いけど
歌の種も蒔いたら

ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

気がつけば2ヶ月もこちらを留守にしておりました。のぞきに寄ってくださった皆様、ありがとうございました。不肖あくあ、元気に過ごしております。ぼつぼつ歌詠みの方も再開いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »