« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/31

白桃

手のひらに円い存在慈しみ祈りをこめて白桃をむく

岡山産の白桃を買ってきて台所で程よく熟すのを待つ間、何かに祈りを捧げているような思いがします。福島産の桃も味わいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/30

ゲリラ豪雨

雨だれの乱打たちまち散弾が地を覆す Water War

集中豪雨は水の戦争のごとき惨状をもたらします。天変地異が続くと黙示録を思わずにはいられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひぐらし

蝉時雨耳を聾(ろう)する嵐にもひぐらし独りアリアを歌えり

ニイニイ、ジージーの大合唱の中に、か細くも涼やかなカナカナカナ。夏バテも少しずつ回復しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/29

夏の夕暮れ

夕されば火照りを残す夏空に吾も木立も息吹き返す

今年は7月初めから猛暑日に見舞われたため、ここ数日の真夏日も「涼しい」と感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/16

入道雲

白綿がオフィスの窓を占領すコックピットの静まる15:00

連日の猛暑日、昨日はついに夏バテで仕事を休みました。扇風機頼みの自宅にいるより、エアコンの効いた(28度厳守)職場にいるほうが絶対に節約できます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/13

白槿

気がつけば白い槿が次々と咲く夏となり笛の音冴える

七月に入ると四条通には祇園囃子が鳴り響きます。今年は宵々々山、宵々山の夜が鉾町近くでの勤務になるので、早々に山鉾を鑑賞して、宵山と巡行はTVで楽しみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/12

猛暑日

熱こもる大気にけおされ萎みゆく花の命と人のこころと

連日の猛暑日にさすがにバテ気味です。扇風機かけてごろごろしてます。こういう日は職場にいるほうが節電に協力できているかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/07

七夕

逢瀬待つ恋人たちの涙かな笹の葉濡れて短冊重し

七夕も山鉾巡行も雨にたたられることが多いですね。今は雨が止んでいますが、星は見えそうにありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/05

骨董品店

塗りの椀ガラスの器にとんぼ玉誰が愛でたか温もり残して

岡崎に出かけたとき、「ブルーパロット」のセールに足を止めました。重厚な書棚やたんすに骨董の食器が展示されて、しばし時を忘れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/04

恵みの雨

ぽつねんと時を抱えてうずくまる吾を打つ雨気熱を冷ます

梅雨なのに真夏日続きで乾いている関西、今夜ようやくお湿りがありました。気温も少し下がって、一息つきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/03

額紫陽花

幼子を集めて守る母のよう額紫陽花の花の優しさ

日本原生の花だそうです。ピンクパープルの色のガクアジサイが咲くと優しい気持ちになれそうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/02

半夏生

白粉を半ばはたいて振り向いたおみなご愛し半夏生の朝

七十二候のひとつである半夏生は農事暦では田植えの目安となっています。上方では蛸を食べる風習があるそうです。この時期に葉が半分ハート型に白くなる植物の「半夏生」は、茶花として有名です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/01

オフィス風景

一斉に団扇を遣うオフィスかな文月ついたちエアコン停まる

節電ではなく単なる故障でした。「上層部が勝手に止めたんとちがう?」「関電の陰謀か」とかぐだぐだ言っていました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »